公正証書遺言とは

公正証書遺言は遺言のなかで最も安全・安心・確実なものです。

 

自筆証書遺言や秘密証書遺言と違っていざ使用する時煩瑣な検認手続きも必要ありません。公正証書遺言書は遺言者が証人二人を伴い、公証人役場で遺言者が公証人の前で口述した遺言を公証人が筆記し、それを遺言者と証人二人に読み聞かせるか閲覧させて確認を取り、遺言書に遺言者と証人二人がそれぞれ署名捺印することが必要です。そして最後に公証人が正規の方法で作成したと付記し署名・捺印して完成となります。お利益関係者は証人になることができません。作成された原本は20年間公証役場に保管されます。原本と同一の効果がある正本は遺言者に渡されます。このように極めて厳格ですので、遺言書の紛失や偽造の恐れがなくなるわけです。ゆえに相続のトラブルを未然に防ぐことが可能なのです。ただこの公正証書遺言書は費用が一番かかります。また証人二人を選んで連れて来るのも難儀であるとは言えます。それでも専門家が関与するので形式上の不備を回避することができ、遺言書が無効になるのを防ぐことができます。

 

公正証書遺言は遺言者が病気などで公証役場に行けない場合、公証人が自宅や病院に来てくれることもできます。