‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

立会証人を2人連れてくる

2014/10/15

遺言書の方式には、いくつかの種類があります。一般的に使われる機会が多い形式は、公正証書遺言と自筆証書遺書の2つです。

 
時や場所を選ばず、いつでも思い立った時に作成できるのが自筆証書遺書です。立会証人や保証人を一切必要としないため、気軽さをもつ反面、民法にある遺言方式に従って作成しなければ遺言内容が無効となってしまう恐れがあるため、それなりの法知識が必要となります。

 
一方、公正証書遺言は、公正証書により作成する遺言のことです。法律に詳しい公証人が作成するため、遺言の内容や様式の不備などによって無効になる心配もありません。また、作成するには2名以上の立会証人が必ず必要です。推定相続人や受遺者、推定相続人、受遺者の配偶者や直系血族など、遺言に利害関係のある人物は、遺言の作成や内容に不当な影響を及ぼす可能性があるため、立会証人を引き受けることができません。そのため、立会証人を職業上守秘義務のある弁護士や行政書士に依頼するケースも多いです。自筆証書遺言ほどの手軽さはありませんが、2名の立会証人と公証人の元で、遺言者の意思を確認しながら遺言書を作成するため、遺言をめぐってトラブルが発生する可能性が極めて低いのも特徴です。

 

手数料が必要

2014/10/15

人が亡くなり、財産の相続が発生する場合、通常は法定相続がなされます。

 

しかし、被相続人が遺言を残している場合は遺言が法定相続に優先します。遺言には自分で書いて遺すものと、公証役場において公証人に作成してもらうものがあります。公証人に遺言を作成してもらうためには、まず遺言者本人であることを確認するために、実印や印鑑証明書を用意しなければなりません。また、遺言者の真意を確認するために二人以上の証人の立会いが必要になります。もし遺言者が公証役場まで出向くことができない場合は公証人が出張してくれます。やり方としては、遺言者が口頭で述べた遺言を公証人が筆記していきます。筆記したものは遺言者と証人が確認し、それでよろしいということになれば、本人、証人、公証人が署名捺印をすることになります。原本は公証人が保管し、遺言者には原本と同じ効力を有する正本が渡されます。原本が保管されるため偽造や紛失の心配はありませんし、もし正本を紛失したとしても再発行が可能です。公証人が間に入ることで、自筆の遺言よりも確実性が増しますが、その分公証人手数料がかかることになります。

 

 

公証人手数料は財産が多いほど高くなり、数万円から場合によっては十万円を超える場合もあります。確実性の面では優れていますが、その費用を考えると手軽に利用できる制度とはいえません。

手続きの煩雑さ

2014/10/15

通常時の遺言書の種類には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」といったものがありますが、この中でも一番手続きが煩雑なのが公正証書遺言です。
(緊急時には別の作成方法もありますが、ここでは割愛します)
自筆証書遺言は、全文および日付と使命が自筆で書かれていて押印がしてあれば有効となり、証人は必要ありません。
秘密証書遺言は死亡するまでその内容を秘密にしておきたい場合に作成するもので、遺言を記した証書に遺言者が署名押印し、それを封筒に入れて証書に用いた印鑑で封印した後に公証人1~2人の前に提出して必要事項を書き留めるというものです。

テクノロジー02

 

対して公正証書遺言は、遺言者が公証人に遺言内容を口頭で伝え、その口述に基づいて公証人が遺言書を作成することになります。
この際、証人2人以上の立会いが必要となります。(未成年者は証人となることはできません)
作成された公正証書遺言には遺言者と証人の署名及び捺印がされ、原本や公証人役場に保存されます。

 

 

このように手続きが複雑で気軽に作成するにはデメリットも多い公正証書遺言ですが、他の2つの方法と違って公証人という専門家が遺言書を作成するため、記載事項の不備により遺言の内容が無効となるといったことがほぼありません。
また、原本が公証人役場に保存されるため、紛失や改ざんの恐れも少ないです。
メリット・デメリットを考慮に入れた上で、自分にあった遺言作成方法を選ぶべきでしょう。

公正証書遺言のデメリットとは

2014/10/15

公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことを指します。公正証書遺言は、公証人に作成してもらうため、内容に間違いが生じる可能性がなく、自筆証書遺言で問題となる偽造や変造といった問題が起こらないというメリットがあります。

テクノロジー01
しかし、公正証書遺言にはデメリットがあります。自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合、誰にも内容を明らかにしないで遺言を作成することもできます。しかし、公正証書遺言の場合、作成する公証人に内容が明らかになり、同時に公正証書遺言で必要とされる証人に対しても内容が明らかにされることになります。そのため、秘密裏に遺言を作成したい場合には不向きな方法といえます。

 
さらに、自筆証書遺言と違い、公正証書遺言にはある程度の費用がかかる点に注意が必要となります。公証役場への移動には交通費がかかります。さらに、公証役場で公証人に遺言を作成してもらうためには手数料が必要となります。そのため、自分だけで作成することが可能な自筆証書遺言と比べて、費用面でもデメリットが生じることになるのです。

 
公正証書遺言を利用する際には、そのようなデメリットも理解した上で、メリットを生かすように利用することが必要です。

筆記できなくても作成できる

2014/10/15

誰しもが経験することになる死。これは、非常にシビアな問題を含んでいます。

CD・DVD

というのも、通常であれば、死亡者が出た場合には、その死亡者の遺産などは、遺族で均等に分配されることになります。また、遺族がいない場合には、本人の意思がない場合には、行政などが回収する可能性もあります。しかし、故人に何らかの意思があった場合には、話が変わってきます。生前に遺言書という形でその意思を表現している場合には、その遺言書が最大の権力を発揮することになるからです。その遺言書は、基本的には故人本人が作成する必要があります。手書きでもパソコンでも構いませんが、本人が作成したうえで、しっかりと保管されておく必要があります。

 

乱雑な状況であった場合には、その遺言書の効力がなくなってしまう可能性もあります。そして重要なのは、遺言者が遺言書を作成する能力がなくなっていた場合です。このような場合にも、遺言者の意思はあるはずですから、その意思を何らかの形に表現したい時があるでしょう。そのような時には、代理人が遺言者の代わりに遺言書を作成することが認められています。このような場合には、基本的には親族以外の第三者が入っていた方が、その信憑性が強くなります。

裁判所での検認手続がいらない

2014/10/15

もし亡くなった人が遺言を残していた場合、遺言に書かれていたことが法制相続に優先することになります。では、もし遺言があった場合、どのような手順を踏んで執行されることになるのでしょうか。もし遺言書が見つかった場合、勝手に開封することは許されません。まずは検認手続と呼ばれる、その遺言書が本当に故人が作成したものなのかを確認する手続をしなければなりません。検認手続は家庭裁判所の裁判官が全相続人立会いのもとで遺言書を開封し、筆跡等を確認します。手続の申し立てをするには遺言書、遺言者の出生から死亡までの戸籍書類、申立人や相続人全員の戸籍謄本が必要になるなど、かなり煩雑な手続となります。

 
しかし、遺言の中にはこの検認手続がいらないものもあります。公証人によって作成された公正証書遺言の場合です。公正証書遺言は遺言者が公証人と2人以上の証人の前で口頭で遺言を述べ、それを公証人が筆記し、作成する遺言書です。公証人によって筆記された遺言を遺言者と証人が確認した上で、遺言者、証人、公証人の署名捺印を行い、原本を公証人が保管するため、改ざんの余地はないとみなされます。ですから家庭裁判所による検認手続は不要となり、遺言の執行が迅速に行えるという利点を有しています。

役場による保管で紛失、偽造、変造、隠匿の危険性がない

2014/10/15

すべての遺言のなかで公正証書遺言が一番安心・安全・確実な遺言方式です。

 

これは公証人の立会いのもとで作成されるからです。またこの遺言書の原本は公証役場で20年間保管されます。ですので紛失・偽造・変造・隠匿の危険性がないのです。その遺言方法はまず証人二人と公証役場に行き、公証人の前で遺言を述べそれを公証人が筆記しそれを公証人が遺言者及び証人に見せるかあるいは読み聞かせることを必要とします。その原本は公証役場に保管されますが、正本は遺言者に渡されます。すべて確実に公証人の適切なアドバイスのもとで行われるので、その内容が規則違反で無効なんてこともないです。さらにこの公正証書遺言には執行する時の検認が要らないです。だから迅速に処理が可能なのです。ただ証人には利害関係者はなることができませんので注意が必要です。また公正証書遺言の印鑑には実印が必要です。そしてその印鑑証明書を必要になります。この公正証書遺言には裁判所の判決と同じ強い効力を持ちます。

ピカピカ03

ですから相続の際のトラブルを未然に防ぐことができます。自筆証書遺言では常に偽造・変造の危険があるため、よくそれが推理小説に使われますね。公正証書遺言ではそのような危険性が全くないと言えます。

公証人による作成で内容が明確さと証拠力が魅力

2014/10/15

すべての遺言の方式の中で公正証書遺言が一番安心・安全で確実です。

 

公正証書遺言は公証役場で公証人が作成します。その際には遺言者と証人二人の署名押印がなされ、原本も20年間公証役場で保管されるのでこれは証拠力として、絶対に紛失・偽造・変造等がありません。公証人が遺言者の述べた遺言を筆記し遺言者と証人に見せるか聞かせるかしますので、明確であり専門家がするので方式の不備や誤りがありません。その遺言書は遺言者と証人が署名押印してさらにそれに公証人がその手続きの正しさを証して署名押印をしますので、これほど公正な遺言書はないのです。遺言者は実印と印鑑登録証明書が必要で、他の遺言方式では実印でなくてもいいので、これは確実で信頼性が顕著なのです。また遺言の執行の段になっても、家庭裁判所による検認が不必要なので処理も迅速です。公証人が遺言の内容を遺言者と証人二人に示し、それに遺言者と証人が署名押印するのは大きいです。

ピカピカ02

 

そして明確さと証拠力の次に利便性としての「執行の際の検認要らず」、遺言者が病気等のときは病院や自宅に公証人が出張して遺言書を作成することも可能なこのシステムは、自筆証書遺言と比べて極めて安全・明確な方式です。

専門家に作成してもらうメリットとは

2014/09/25

公正証書遺言は公証役場で公証人という専門家に遺言書を作成してもらうため、全ての遺言のなかで一番安心・安全・確実な遺言です。

ピカピカ01

そのメリットは公証人が作成してくれた遺言書の原本を20年間公証役場に保管してくれるため、紛失・偽造・変造の恐れがないのです。公正証書遺言は証人二人とともに公証人の前で遺言者が遺言を述べてそれを公証人が筆記し、さらにそれを遺言者と証人に見せるか聞かせるかし、遺言者と証人がそれに署名押印するので極めて確実な遺言書になります。そして最後に公証人がその遺言書が正しい手続きで作成されたということを書き、署名押印するのでこれほど確かなものはないのです。自筆証書遺言は全て自分で手書きし保管場所も自分で決めなくてはなりませんので、紛失や忘却や偽造・変造の恐れがあります。公正証書遺言のメリットは専門家に作成してもらうので記載形式が違反していて執行の際に無効になるということがないことです。またこの公証人という専門家は遺言者が病気などで公証役場に行けないときは病院や自宅に出張してくれることも可能です。

 

公正証書遺言の原本は公証役場に保管され、正本は遺言者に渡されます。正本は紛失しても再発行してもらえます。またその効果は原本と同じなのです。これらのことすべてを公証人が適切にアドバイスしてくれます。