公正証書遺言のデメリットとは

公正証書遺言とは、公証役場で公証人に作成してもらう遺言のことを指します。公正証書遺言は、公証人に作成してもらうため、内容に間違いが生じる可能性がなく、自筆証書遺言で問題となる偽造や変造といった問題が起こらないというメリットがあります。

テクノロジー01
しかし、公正証書遺言にはデメリットがあります。自筆証書遺言や秘密証書遺言の場合、誰にも内容を明らかにしないで遺言を作成することもできます。しかし、公正証書遺言の場合、作成する公証人に内容が明らかになり、同時に公正証書遺言で必要とされる証人に対しても内容が明らかにされることになります。そのため、秘密裏に遺言を作成したい場合には不向きな方法といえます。

 
さらに、自筆証書遺言と違い、公正証書遺言にはある程度の費用がかかる点に注意が必要となります。公証役場への移動には交通費がかかります。さらに、公証役場で公証人に遺言を作成してもらうためには手数料が必要となります。そのため、自分だけで作成することが可能な自筆証書遺言と比べて、費用面でもデメリットが生じることになるのです。

 
公正証書遺言を利用する際には、そのようなデメリットも理解した上で、メリットを生かすように利用することが必要です。

コメントは受け付けていません。