手続きの煩雑さ

通常時の遺言書の種類には「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」といったものがありますが、この中でも一番手続きが煩雑なのが公正証書遺言です。
(緊急時には別の作成方法もありますが、ここでは割愛します)
自筆証書遺言は、全文および日付と使命が自筆で書かれていて押印がしてあれば有効となり、証人は必要ありません。
秘密証書遺言は死亡するまでその内容を秘密にしておきたい場合に作成するもので、遺言を記した証書に遺言者が署名押印し、それを封筒に入れて証書に用いた印鑑で封印した後に公証人1~2人の前に提出して必要事項を書き留めるというものです。

テクノロジー02

 

対して公正証書遺言は、遺言者が公証人に遺言内容を口頭で伝え、その口述に基づいて公証人が遺言書を作成することになります。
この際、証人2人以上の立会いが必要となります。(未成年者は証人となることはできません)
作成された公正証書遺言には遺言者と証人の署名及び捺印がされ、原本や公証人役場に保存されます。

 

 

このように手続きが複雑で気軽に作成するにはデメリットも多い公正証書遺言ですが、他の2つの方法と違って公証人という専門家が遺言書を作成するため、記載事項の不備により遺言の内容が無効となるといったことがほぼありません。
また、原本が公証人役場に保存されるため、紛失や改ざんの恐れも少ないです。
メリット・デメリットを考慮に入れた上で、自分にあった遺言作成方法を選ぶべきでしょう。

コメントは受け付けていません。