筆記できなくても作成できる

誰しもが経験することになる死。これは、非常にシビアな問題を含んでいます。

CD・DVD

というのも、通常であれば、死亡者が出た場合には、その死亡者の遺産などは、遺族で均等に分配されることになります。また、遺族がいない場合には、本人の意思がない場合には、行政などが回収する可能性もあります。しかし、故人に何らかの意思があった場合には、話が変わってきます。生前に遺言書という形でその意思を表現している場合には、その遺言書が最大の権力を発揮することになるからです。その遺言書は、基本的には故人本人が作成する必要があります。手書きでもパソコンでも構いませんが、本人が作成したうえで、しっかりと保管されておく必要があります。

 

乱雑な状況であった場合には、その遺言書の効力がなくなってしまう可能性もあります。そして重要なのは、遺言者が遺言書を作成する能力がなくなっていた場合です。このような場合にも、遺言者の意思はあるはずですから、その意思を何らかの形に表現したい時があるでしょう。そのような時には、代理人が遺言者の代わりに遺言書を作成することが認められています。このような場合には、基本的には親族以外の第三者が入っていた方が、その信憑性が強くなります。

コメントは受け付けていません。