公証人による作成で内容が明確さと証拠力が魅力

すべての遺言の方式の中で公正証書遺言が一番安心・安全で確実です。

 

公正証書遺言は公証役場で公証人が作成します。その際には遺言者と証人二人の署名押印がなされ、原本も20年間公証役場で保管されるのでこれは証拠力として、絶対に紛失・偽造・変造等がありません。公証人が遺言者の述べた遺言を筆記し遺言者と証人に見せるか聞かせるかしますので、明確であり専門家がするので方式の不備や誤りがありません。その遺言書は遺言者と証人が署名押印してさらにそれに公証人がその手続きの正しさを証して署名押印をしますので、これほど公正な遺言書はないのです。遺言者は実印と印鑑登録証明書が必要で、他の遺言方式では実印でなくてもいいので、これは確実で信頼性が顕著なのです。また遺言の執行の段になっても、家庭裁判所による検認が不必要なので処理も迅速です。公証人が遺言の内容を遺言者と証人二人に示し、それに遺言者と証人が署名押印するのは大きいです。

ピカピカ02

 

そして明確さと証拠力の次に利便性としての「執行の際の検認要らず」、遺言者が病気等のときは病院や自宅に公証人が出張して遺言書を作成することも可能なこのシステムは、自筆証書遺言と比べて極めて安全・明確な方式です。

コメントは受け付けていません。