専門家に作成してもらうメリットとは

公正証書遺言は公証役場で公証人という専門家に遺言書を作成してもらうため、全ての遺言のなかで一番安心・安全・確実な遺言です。

ピカピカ01

そのメリットは公証人が作成してくれた遺言書の原本を20年間公証役場に保管してくれるため、紛失・偽造・変造の恐れがないのです。公正証書遺言は証人二人とともに公証人の前で遺言者が遺言を述べてそれを公証人が筆記し、さらにそれを遺言者と証人に見せるか聞かせるかし、遺言者と証人がそれに署名押印するので極めて確実な遺言書になります。そして最後に公証人がその遺言書が正しい手続きで作成されたということを書き、署名押印するのでこれほど確かなものはないのです。自筆証書遺言は全て自分で手書きし保管場所も自分で決めなくてはなりませんので、紛失や忘却や偽造・変造の恐れがあります。公正証書遺言のメリットは専門家に作成してもらうので記載形式が違反していて執行の際に無効になるということがないことです。またこの公証人という専門家は遺言者が病気などで公証役場に行けないときは病院や自宅に出張してくれることも可能です。

 

公正証書遺言の原本は公証役場に保管され、正本は遺言者に渡されます。正本は紛失しても再発行してもらえます。またその効果は原本と同じなのです。これらのことすべてを公証人が適切にアドバイスしてくれます。

コメントは受け付けていません。