役場による保管で紛失、偽造、変造、隠匿の危険性がない

すべての遺言のなかで公正証書遺言が一番安心・安全・確実な遺言方式です。

 

これは公証人の立会いのもとで作成されるからです。またこの遺言書の原本は公証役場で20年間保管されます。ですので紛失・偽造・変造・隠匿の危険性がないのです。その遺言方法はまず証人二人と公証役場に行き、公証人の前で遺言を述べそれを公証人が筆記しそれを公証人が遺言者及び証人に見せるかあるいは読み聞かせることを必要とします。その原本は公証役場に保管されますが、正本は遺言者に渡されます。すべて確実に公証人の適切なアドバイスのもとで行われるので、その内容が規則違反で無効なんてこともないです。さらにこの公正証書遺言には執行する時の検認が要らないです。だから迅速に処理が可能なのです。ただ証人には利害関係者はなることができませんので注意が必要です。また公正証書遺言の印鑑には実印が必要です。そしてその印鑑証明書を必要になります。この公正証書遺言には裁判所の判決と同じ強い効力を持ちます。

ピカピカ03

ですから相続の際のトラブルを未然に防ぐことができます。自筆証書遺言では常に偽造・変造の危険があるため、よくそれが推理小説に使われますね。公正証書遺言ではそのような危険性が全くないと言えます。

コメントは受け付けていません。